読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneユーザーに大容量バッテリー「HyperJuice」はアリか、という話

Battery

アクト・ツー HyperJuice 100Wh External Battery achj100 jhotnb

この銀色の弁当箱みたいなのは、ずっと気になっていた。

他のバッテリー製品と違い、容量が「mAh」ではなく「Wh」で書かれていて、いったいどのぐらいの大容量なのかがよくわからなかった。僕、文系だし。

これはiPhoneユーザー的にはアリな製品なのだろうか。





HyperJuiceとは何か?

  • 大容量の外付けバッテリー
  • MacBookAirやProも充電できる
  • もちろんiPhoneやiPadもOK
  • USB充電できるものはほぼ何でも充電できる

iPhoneを何回充電できるのか?

  • HyperJuiceは全部で4種類ある
  • 60Whは16,000mAhで、iPhone4を約11回
  • 100Whは27,000mAhで、約19回
  • 150Whは41,000mAhで、約28回
  • 222Whは61,000mAhで、約42回

たしかにすごい。こりゃあ化け物だ。
iPhoneには十分すぎる気もするが、非常時を考えると多いに越したことはないし、60Whでもかなり心強い。


充電にかかる時間は?

  • 大容量なのに充電にかかる時間が短い
  • 60Whで2.5〜3時間
  • 100Whで5〜6時間
  • 150Whで3.5〜4時間
  • 222Whで5.5〜6時間

予想よりずっと速い!ちょっと驚いた。
格安大容量バッテリーよりもずっと速いんだな、これ。



重さは?大きさは?

  • 60Whで360g(12.5×9.6×2.1 cm)
  • 100Whで730g(9.0×12.5×2.1 cm)
  • 150Whで1,090g(22.6×12.5×2.1 cm)
  • 222Whで2,130g(25.6×15.0×3.4 cm)

缶ビール1本分か。
100Whぐらいならリュックに突っ込んで持ち歩ける重さだな。



値段は高い!

  • 60Whで22,800円(Amazonだと17,000円ぐらい)
  • 100Whで34,800円(同24,000円ぐらい)
  • 150Whで49,800円(同38,000円ぐらい)
  • 222Whで59,800円(同41,000円ぐらい)

他の格安バッテリーと比べるとやっぱり高い。
でも品質を考えると妥当か。



HyperJuiceはアリだ!

アクト・ツー HyperJuice 100Wh External Battery achj100 jhotnb


なるほど、たしかにすごい。この大容量は安心感のレベルが違う。
非常時にも、かなり心強いだろう。
あなたがMacBookやiPad、モバイルルータ等と一緒に移動するiPhoneユーザーなら、間違いなくアリだろう。

ただ僕の場合、持ち歩くのはiPhoneだけなのと、正直この値段をポイと払えるほどの余裕が今はない。
当面は、格安大容量バッテリーで行こうと思う。

でも、今回調べてみて、HyperJuiceの魅力はよくわかった。いずれね、いずれ。


高橋モトシ(@Motoshi_t)でした。



RSS_icon follow us in feedly “fb_icon” tw_icon Google+_icon



スポンサーリンク

広告を非表示にする
RSS_icon follow us in feedly “fb_icon” tw_icon Google+_icon


スポンサーリンク