読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toodledoへの最速ポストアプリ「速Todo」の作者さんにURLスキーム対応をお願いしてみた。

Productivity Utilities


私が手離せないアプリのひとつに、「速Todo」というアプリがある。

Toodledoへタスクを登録するのに特化した、ポスト専用アプリだ。
サクッと立ち上げて、必要最低限の項目だけを登録する。

速Todo Lite For Toodledo 1.0.10(無料)

カテゴリ: ビジネス, ライフスタイル
現在の価格: 無料(サイズ: 0.1 MB)
販売元: Shohei Fukui - SHOHEI FUKUI
リリース日: 2010/04/20

ss1 ss2



「速Todo」は、タスクを忘れないうちに登録する。この1点に全てを賭けている。
なぜなら、歩いているとき、他のアプリをいじっているとき、突然「タスク」は降ってくるからだ。


「そうだ!あれやっとかなきゃ」
「そうだ!いいこと思いついた」


ところが、この降ってきた「タスク」を確実に捕獲するのが、意外に難しい。

若い人には信じられないかもしれないが、ついさっきまで頭にあった「何か」がシューっと消滅して、全く思い出せない。
42歳の脳は、そんなことがよくあるのだ。


「速Todo」は、そんな気持ち悪さから私を救ってくれている。タスクが頭から消え去る前に、きっちり捕獲できる。当たり前のことを当たり前にできるのが、本当に気持ちいい。




通知センターから起動したい


そんな「速Todo」への注文。それが「もっと速く起動したい」ということ。
自分でURLスキームを調べて通知センターから起動しようと、info.plistファイルを取り出して調べてみた。だが残念なことに、速TodoにはURLスキームの記述がそもそも最初からなかったことが判明。

これでは自力ではどうしようもない。
ということで、思い切って作者である@tinpayさんにお願いのメールを送ってみた。





すると、なんと! 30分と経たずに返信が。




え!

え?

もう申請までしてくれたの!?

キター! 神対応!
ありがとうございます! ありがとうございます!


これで、念願だったAppSwitcherに「速Todo」を登録して通知センターからダイレクト起動ができる。最速でタスクを書き留められる仕組みが完成だ。
Siriから声で「速Todo」を呼び出しても面白い。

ふだん「Toodledo」でタスク管理をしているiPhone使いの皆さんは、近々アップデートされる「速Todo」のURLスキーム対応を期待して待っていてほしい。



追記:

1月24日、速TodoがアップデートでURLスキーム対応しました。
ご活用あれ。

→ qposttoodledo:



RSS_icon follow us in feedly “fb_icon” tw_icon Google+_icon



スポンサーリンク

広告を非表示にする
RSS_icon follow us in feedly “fb_icon” tw_icon Google+_icon


スポンサーリンク