読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「声」でアプリを起動できるようにしたら世界が変わった、という話


photo: Kaptain Kobold via photopin cc


そもそものきっかけは、こんな記事を発見したこと。

某も設定アプリへのショートカットURLスキーマを、まとめてみたござる | Tools 4 Hack
例を挙げて説明しますと、Siriに向かって「Wifi」なんて言うとWi-Fi設定画面へのショートカットを表示してくれます。 ショートカットURLスキーマがある物なら全て可能ですので、ちょっとかっこつけ ...

なるほど。
URLスキームを登録したWifiやBluetoothの設定画面をSiriから「声」で呼び出すと。
その発想はなかった。

詳しいやり方は上の記事を参照してもらうとして、便利そうなのでさっそく試すことにした。



▲Siriを呼び出し、発音に不安を感じつつ「WiFi(わいふぁい)」と言ってみる。すると「それなら連絡先にあるよ」という返答が。


▲おお、あっさり大成功じゃないか。


▲なんかすげぇ、Siriすげぇ、Siriすげぇ!
 声でアプリを呼び出せるって、世界が変わる気がする



音声操作のみでツイートできるか実験してみた


URLスキームを使ってWiFiを呼び出せた、ということはだ。
URLスキームさえわかれば、他のアプリも呼び出せるということだ。

というわけで、ここからはちょっとした実験。


使うのは、日本語音声を認識してテキストに変換してくれる無料アプリ「DragonDictation」。

Dragon Dictation 2.0.17(無料)
カテゴリ: ビジネス, ユーティリティ
販売元:Nuance Communications(7.7 MB)


こいつをSiriから呼び出して、フリック入力を一切せずに、音声操作のみでツイートできるかを試してみよう。DragonDictationのURLスキームは、fb112953085413703://



▲Siriに「Dragon(ドりャァぐン)」と話しかける。
「それならアドレス帳にありますよ」


▲ちゃんと呼び出してくれた!


▲あとは、こちらが話した言葉をほぼ正確にテキスト変換してくれるので、好きなことを言ってツイートするだけ。ツイートする際に画面をタップするが、起動からここまでフリック入力は一切なし。


すごくないですか、これ?



最後に


SiriとDragonDictationのコンビネーションが実現したおかげで、最近は歩きながらツイートが捗る、捗る。
電話かける感覚でべらべらしゃべったことを、片っ端から非公式アカに放り込んでる。口述筆記マシーンだ。

美しライフログのススメ その2. 自分向けメモも時系列で表示させたい! | No Second Life
結果、Twitterに非公開のサブ・アカウントを作成して、Twitterからツイートすることにした。 ...

ただ、ひとつだけ問題があって…
それは、Siriがやたらと発音に厳しいこと。


私は「Dragon」と言っているつもりなのだが、簡単にはアプリを呼んできてくれない。

噂通りのツンデレちゃん。Siriに敷かれるとはこのことか。


RSS_icon follow us in feedly “fb_icon” tw_icon Google+_icon



スポンサーリンク

広告を非表示にする
RSS_icon follow us in feedly “fb_icon” tw_icon Google+_icon


スポンサーリンク