「サイレント・フィクション」は鳥肌必至の無料写真集アプリだった。


佐藤謙吾さんという写真家の作品をまとめた無料アプリ。
タイトルは「サイレント・フィクション」。



その名のとおり、静まり返った空気感に思わず息を飲み込む写真が43枚収められている。
その圧巻の写真をすこしだけご紹介したい。











どうだろうか。


あ〜あ。 ふだん見慣れた東京が、水びたし。
きっともう、ほとんど人も生き物も残っていなくて、
何の音も聞こえない。
ただ、水がチャプン、チャプン言うだけ。


映画「28日後」なんかにも通じるような、
その世界観にちょっと背筋が寒くなる一方で、
そのリアルさと迫力に「もっと見たい!」という気も起きる。


11月に個展をやるらしく、その宣伝用にリリースしたアプリのようだが、
僕はとりあえず見に行ってみようという気になった。



それと、このアプリでは43点の画像をダウンロードできるので、
壁紙に設定して、誰かに自慢するのもいいだろう。


あるいは、Tilt Shift Genなどを使って、
ミニチュア感漂う、特撮っぽい写真を作って鑑賞するのもいいだろう。
※佐藤さんの作品にはライセンスがあります。
 あくまで個人で楽しむ目的限定で。


とにかく、ぜひともご覧いただきたいアプリでした。

広告を非表示にする
RSS_icon follow us in feedly “fb_icon” tw_icon Google+_icon


スポンサーリンク